風の向こう側

アクセスカウンタ

zoom RSS (^v^)江國香織「きらきらひかる」

<<   作成日時 : 2014/11/21 18:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1991年 新潮社 江國香織「きらきらひかる」
    第2回(1992年) 紫式部文学賞受賞作品

きらきらひかる (新潮文庫)
新潮社
江國 香織
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by きらきらひかる (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


(内容紹介)
私たちは十日前に結婚した。しかし、私たちの結婚について説明するのは、おそろしくやっかいである――。笑子はアル中、睦月はホモで恋人あり。そんな二人はすべてを許しあって結婚した、はずだったのだが……。セックスレスの奇妙な夫婦関係から浮かび上る誠実、友情、そして恋愛とは? 傷つき傷つけられながらも、愛することを止められないすべての人に贈る、純度100%の恋愛小説。

何年か前にドラマ化された「きらきらひかる」とは違いますよ〜(あちらは女性監察医のお話でしたが……)
サラサラとした言葉達の中に、時々、ちくちくとした棘を感じるような…そんな雰囲気
髪を切りに行った後、背中に入ってしまった髪の毛の様な…ちくちく感…

「水を抱く」

という言葉…。 どう説明していいか解らない言葉です。感覚だけ…音楽を聴いた時と同じ…感覚だけ、残る言葉だなぁ〜と思いました…

過去、身近にそんな人たち(同性愛者やアル中等々)がいなかった(と思われる…)ので、”理解出来る”…とは言えないが、少なくとも(同性愛に関しては)特に嫌悪感はなく、「別に…いいんじゃない…」って思ってます。  でも、アル中なんかの精神病は、程度によっては、やっぱり嫌悪感を抱いちゃうのかも…スミマセン人間出来てません…私
……しかしながら、たいていの事に年々、拘りがなくなっているのは、何なんでしょうねぇ……(歳のせい)

江國香織さんの世界……どこがどう好きって言えないんだけれども…好きなんだなぁ〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(^v^)江國香織「きらきらひかる」 風の向こう側/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる